多世代とコミュニケーション

「教育」と「保育」と「遊び」が融合した保育環境。
多世代とのコミュニケーションが子どもの成長を育みます。
他人を感じながら、自分らしく生きていくために、
子どもの対人関係力をしっかり伸ばす。
子どもの視点で考え、幸せで在り続けるための教育。

スコーレ保育園について

見つめ“愛”の子育て。他人を感じながら、
自分らしく生きていく人間に

集団を意識しながら、一人ひとりに合わせて接していきます。
そして、ただ「安心・安全に」預かればよいというのではなく、
お子様がスコーレを卒業する際、親子共に自信を持って
次の未来へ羽ばたいていけるようお手伝いをしています。

  • 信じる心を養う
  • 自他共に尊重、尊敬する
  • 健全な心身を培う
  • 体験教育で世界観を広げる
  • 表現教育で自己実現
  • 子育て支援

『教育』と『保育』と『遊び』が融合した教育重視の教育保育園施設グループ会社(株)スコーレの40余年培ってきた幼児教育を中心に、心身バランスよく育てていきます。

教育と保育

 通常の幼児教育は、子どものためを思って考えられた大人の視点で作られています。スコーレ保育園では子ども達の希望や意見を聞き取り子どもの視点で創られた幼児教育を行います。
 『大人の視点で考える教育』は幸せになるための教育ですが、『子どもの視点で考える教育』は幸せで在り続けるための教育です。つまり、子ども達はすでに幸せなので、幸せになるための教育は必要なく、大人が考える教育とは異なる教育を求めているのです。
 人間は何もできないカラダで生まれてきます。そのため、生存本能により生じた感情から「依存型・他者承認型思考」の癖を持つため、してもらえないことに対して不安や不満を感じるようになります。そして大人は幸せになるための教育を考えるのです。

 スコーレでは、0歳から「主体型・自己承認型思考」を持つ方法を開発し導入しています。その方法が「胎内記憶教育」と「ベビー手話」です。
 「胎内記憶」は、子ども達が生まれもってくる本質的な感覚で、「胎内記憶教育」とは、その感覚に基づき子どもの視点で創られた教育方法で、母親と赤ちゃん双方向で働き合う教育です。スコーレが、40年かけて開発してきた、唯一無二の子ども主導型の教育方法です。
 子どもにとっては体験こそが学びです。今すでに存在している大人の世界の常識やルールに縛られることなく、自らが体験したことから感じた中で、その子なりの意味と価値を見出していくことが大切です。それは、無秩序とは異なります。なぜなら、一緒に過ごす仲間と自分が共に「心地がいい」と感じる方向に意思決定していくことで、行動していける力を育てていくからです。

特徴サービス

多世代型
コミュニケーション

高齢者施設アプルール鵠沼が、同じ建物内にあり子供たちに社会性を身につける事を目的として、多世代交流を図る授業を週1回アプルール鵠沼にて行います。

お食事

お食事も保育の大事な時間と捉え、食べ物のおいしさや食事の大切さ、楽しさを伝えたいと考え、数種類の中から好きなものを選び、好きな量を自分で盛って食べたり、イベントを通してご家族やご入居者と共に食事を楽しむことが出来ます。

スコーレメソッド

グループ会社(株)スコーレのスコーレメソッドを導入することで子ども達は勿論のこと、親である私達までも幸福感が広がります。

保育園の概要

カラー帽子 1,000円~
教材費 0~2才 1,000円 3才以降 2,000円
施設費 1,000円
送迎バス ×
個人面談
保護者会
受入れ開始 月齢満1才~
保育時間 6:30~20:00
休園 年末年始

アクセス

  • 江ノ島電鉄線 石上駅から徒歩で約2分
  • 江ノ島電鉄線 藤沢駅から徒歩で約7分
  • 小田急江ノ島線 藤沢駅から徒歩で約7分